『渡唐天神』名刺型お守り+お礼メール

『渡唐天神』名刺型お守り+お礼メール
不徹寺の中興の祖である酒井家の姫が御持仏として持っていた渡唐天神様のお守りを国産和紙を使用した名刺サイズのお守りにしました。渡唐天神は一夜にして唐へ渡った菅原道真公が、悟りを得て帰ってきたといわれる天神さまと言われています。合格祈願や学力向上のお守りとして、お財布や名刺ケースなどに携帯ください。お守りは一つ一つ庵主自らが手書きしたお守りをお届けします。
ご提供予定時期:随時
¥1,500 1500 JPY (税込/送料込)
販売終了

この商品について

  • 不徹寺 名刺お守り

このプロジェクトの他の商品

檀家のない尼寺に茶室を移築し女性が安らぐ場を開きたい

兵庫県姫路市網干区にある臨済宗妙心寺派「龍門(りょうもん)寺」は、盤珪永琢(ばんけい・ようたく)国師が開山した禅宗の寺です。その寺が長く所有し、取り壊す予定だった茶室を同区「不徹(ふてつ)寺」に移築するプロジェクトです。 日々、多忙に生きる女性たちが抱える心の軋みや苦しみ、それらを茶事や座禅、瞑想、会話などを通してほどいていく。そんな場所にするために移築したいと思います。